ESXi6.5/ESXi7.0でのRDM設定

2018年8月6日 2022年3月4日

この記事では、ESXi6.5/ESXi7.0でRDM(Raw Device Mapping)を設定します。

ESXi上の仮想サーバに写真や動画の各種データを保存しているのですが、仮想サーバで利用するディスクは、仮想ディスクのvmdkファイルとなります。

バックアップはもちろんとっていますが、万が一ESXiが破損してしまった時にHDDを抜いて他の機器に接続してもそのままではデータを取り出せないのも嫌なので、vmdkファイルではなく物理HDDを直接割り当てる機能であるRDMでマッピングファイルを作成して、直接HDDに書き込みます。

HDDの識別子確認

ESXiにssh接続して、以下のコマンドでHDDの識別子を確認します。

Terminal
[root@esxi:~] ls /vmfs/devices/disks/
t10.ATA_____ST2000DM0012D1ER164__________________________________Z4A08J89
t10.ATA_____TOSHIBA_THNSNJ128GCSU___________________________64IS100AT7DW
t10.ATA_____WDC_WD30EZRZ2D00GXCB0_________________________WD2DWCL7K4RPLA3U
t10.ATA_____WDC_WD40EZRZ2D00GXCB0_________________________WD2DWCL747VPAHCJ

上記のリストからファイル名を頼りにt10.ATAで始まるHDDの識別子をメモします。今回は上から3つ目のWestern Digitalの3TBのHDDを対象とします。

マッピングファイルの保存場所の作成

以下のコマンドでマッピングファイルの保存場所を作成します。保存場所はどこでも良いですが、今回は分かりやすようにデータストアの直下にrdmディレクトリを作成します。

Terminal
[root@esxi:~] cd /vmfs/volumes/datastore1
[root@esxi:~] mkdir rdm

マッピングファイルの作成

以下のvmkfstoolsコマンドで物理HDDを仮想HDDにマッピングするvmdkファイルを作成します。

Terminal
[root@esxi:~] vmkfstools -z /vmfs/devices/disks/t10.ATA_____WDC_WD30EZRZ2D00GXCB0_________________________WD2DWCL7K4RPLA3U /vmfs/volumes/datastore1/rdm/WD2DWCL7K4RPLA3U.vmdk

仮想マシンへの割り当て

新規仮想マシンの作成や仮想マシンの編集時に「既存の仮想ディスクを使用」を選択し、上記で作成したvmdkファイルを指定します。

終わりに

RDMで物理HDDをマッピングすることで、仮想マシンから直接物理HDDを操作することができるようになりました。

Posted by mako
関連記事
コメント
...